弥生時代 日本史2

弥生時代・弥生文化:前期・中期・後期(紀元前4世紀~3世紀頃)

弥生時代(紀元前4世紀~3世紀頃)は、朝鮮半島から渡来人が来て、

水稲耕作が始まり、鉄器・農機具の使用で生産性が上がり、階級

生まれた時代。

 

水稲耕作

農耕社会7水稲耕作(すいとうこうさく)11(北九州→関東→東北)、湿田(しつでん)9、乾田(かんでん)8

       木製農具11竪杵(たてぎね)11、木臼(きうす)10、木鋤(きすき)9、木鍬(きくわ)7、田下駄(たげた)7

「竪杵」の画像検索結果「弥生時代 木製農具」の画像検索結果

出典:https://jahistory.com/yayoi-nougu/

 

石包丁(いしぼうちょう)11:打製と磨製両方あり/ 穂首刈り(ほくびがり)8

「石包丁」の画像検索結果

石包丁(穂首刈り)の画像:出典http://syakaikasyasin.sakura.ne.jp/syakai/rekisi/gensi_kodai/isibouchou.html

 

高床倉庫11登呂遺跡7:静岡県南部/ 唐古・鍵遺跡9:奈良県)

「高床倉庫」の画像検索結果

http://www.iki-haku.jp/harunotsuji/pho02-03.html

 

 

弥生土器11:縄文土器に比べて、薄くて固く赤褐色。文様が簡素

       高杯(たかつき)11、甕(かめ)11、壷(つぼ)11、鉢(はち)4

「弥生土器」の画像検索結果

弥生土器の画像(出典:http://shimonogou-iseki.yayoiken.jp/dougu.htm

 

青銅器・鉄器

金属器9(青銅器11や鉄器11)が朝鮮半島から伝来

・青銅器→銅剣11、銅矛(どうほこ)11、銅鐸(どうたく)、銅鏡11、銅戈(どうか)9

荒神谷(こうじんだに)遺跡7:島根県。神庭(かんば)遺跡とも言う。

「弥生時代 銅鏡 銅剣」の画像検索結果

画像:http://web.joumon.jp.net/blog/2011/07/1295.html

 

鉄器11:鉄製工具7(鉄斧4、刀子(とうす)6)

 

・九州北部から始まり、東北地方まで

 

生産力向上→階級の発生

高地性集落10、環濠(かんごう)集落11

吉野ヶ里遺跡8:佐賀県。日本屈指の大環濠集落

機織(はたおり)8

・墓の種類色々:権力者の出現

 甕棺墓(かめかんぼ)10、支石墓(しせきぼ)7、方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)9、墳丘墓(ふんきゅうぼ)7

「甕棺墓」の画像検索結果

甕棺墓(かめかんぼ)

「支石墓」の画像検索結果

支石墓(しせきぼ)

「方形周溝墓」の画像検索結果

「墳丘墓」の画像検索結果

墳丘墓

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ