具体と抽象―国語

具体と抽象

「具体と抽象」の画像検索結果

出典:『具体と抽象』p16

 

具体は、個別の事象(例:りんご、みかん)

抽象は、具体を共通の特徴でまとめて一般化したもの(例:食べ物、果物)

 

(基本的には)多数の具体と(まとめて一つにした)抽象という関係

 

具体は人による解釈・認識が同じになりやすい(例:りんご)

抽象は、解釈の自由度が高いので人によって認識は変わりやすい(例:食べ物)

 

参考文献

 

抽象化は人間(知能)の特徴:数と言葉

「抽象化」(まとめて一般化する)は人間に特有(動物はしない?)。

抽象化する能力を具体的に言うと、「数」と「言葉」

 

「抽象化のない世界」⇔数と言葉のない世界

 

数と言葉を成立させる根本は、「まとめて同じと考える」(抽象化する)こと

 

例)りんご2個、猫二匹、本二冊→まとめて同じ部分は「2」

例)鮪(マグロ)、秋刀魚(さんま)、鰹(かつお)→まとめて同じ部分は「魚」

 

「魚は海(川)で泳ぐ動物」という抽象化した表現(言葉)が使えるのは人間のみ。

そもそも、鮪(マグロ)という名前も、同じ種類の魚を「まぐろ」と抽象化して

呼んでいる。

 

「具体と抽象」の画像検索結果

「具体と抽象」の画像検索結果

具体(下部)と抽象(上部)の図解例

 

・複数の「具体」をまとめたものが「抽象」

・状況によって「具体」にもなり「抽象」にもなる

(鮪は魚の具体であり、同時に、一匹ずつの鮪の抽象でもある)

 

 

犬と人間が会話したら

人間「ごはん食べる?」

犬「ごはんって何?」

人間「ほら、鮪の缶詰とかだよ」

犬「鮪?缶詰?」

人間「(鮪を見せる)」

犬「分かったワン!」

 

 

抽象化=枝葉を切り捨て幹(本質)を見る

      特徴を抽出する

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ